介護として提供できるサービスは、介護を必要とする度合いによって異なる

要介護認定には7つの段階があります。

要介護度の決定のしかたは、介護保険の申請をしたあと、自治体の人間が直接高齢者の自宅にきます。その場でカンタンなコミュニケーション能力のチェックをして、現在の健康状態や既往歴などのヒアリングをもとに査定する一次判定と、医師によって作成される「主治医意見書」をもとにした二次判定を通じて要介護度が決められます。申請から認定の通知まで、おおよそ1か月ほど。以下で各々の介護度を見ていきましょう。

要支援1

体の一部分の介助を必要としながらも基本的には独力で生活できる人の状態。適度な運動や生活習慣の立て直しによって要介護状態の改善、予防が見込まれる

要支援2

基本的にはひとりで生活できるが、日常生活動作に若干の衰えがある状態。適切な運動や生活習慣の立て直しによって要介護状態の予防が見込まれる

要介護1

歩行が安定せず、食事やトイレなどの生活動作に一部に介助が必要である状態

要介護2

歩行が安定せず、食事やトイレなどの生活動作に一部に介助が必要である状態

要介護3

立ち上がりや歩きの動作、食事、トイレ、お風呂の際に全体的な介助が必要である状態

要介護4

食事、トイレ、お風呂といった日常生活の多くの分部において全体的な介助が必要である状態。要介護3と比べ、より日常生活動作の低下が見られる

要介護5

日常生活の全体的な部分において全面的な介助が必要であり、加えて完全に寝たきりで普段のコミュニケーションも困難な状態

今回記載したものに関してははあくまで一例で、実際には自治体職員がまとめたデータと医師の診断で最初の要介護度が決定します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です