【小さい傷も許さない】iPhoneを完全に守るガラスコーティング

料理でも活躍するiPhoneは傷ついてしまう

自宅のキッチンでスマホでレシピを見ながら料理を作っていました。レシピが見やすいようスマホはまな板の横に置いてありました。次の作業を確認するためレシピをスクロールしようとして手を伸ばした時に、誤ってスマホを床に落としてしまいました。その際、画面に大きくはありませんが数か所に小さな傷がついてしまいかなりショックを受けました。まだ購入してから1か月も経っていないスマホだったので余計にショックが大きかったです。

スマホのガラスコーティングは保護フィルムとは違い液晶画面に直接コーティング用の液体を塗りこんで使用するものです。コーティング剤は時間がたったほうがより硬化され、保護フィルムよりもより画面の保護力が強くなっています。高いところから落とした際も、保護フィルムでは割れてしまうことがあっても、ガラスコーティングなら一つもヒビが入りません。ただ、一点集中の衝撃には弱いので、ガラスコーティングをしたから絶対に割れないということはありません。

G-PACKは短時間の施工で圧倒的にiPhoneを守る

スマホコーティングの施工時間はとても短時間で済むのに、効果は2年前後持続するということで、手間が少なく楽をして画面を保護することが出来ると感じました。また、防汚効果と撥水性もあるということで、スマホを触る際によく汚れがついたりと気になっていたのですが、コーティングをする事によって画面についた皮脂やファンデーション等の汚れも簡単に落とせるようになり画面を綺麗に保てるというのも大きなメリットだと思います。そして、何よりもコーディング材の硬度が保護フィルム等に比べかなり強く、10Hの硬度であるということもスマホの画面を守るうえでとてもメリットになっていると感じました。カッターで傷つけても大丈夫というのはとてもすごいと思います。

凍結の際にiPhoneを壊してしまった

私は青森県の八戸市に住んでいるのですが、冬の時期は歩道がツルツルに凍結してしまいます。12月の冷え込みが強くなってきた頃、朝の出勤時に時間の確認をしようとiPhoneを取り出した際、足を滑らせて咄嗟にiPhoneを持っていた手を地面に着いてしまいました。凍った路面に強く叩きつけられて、結果としてiPhoneを壊してしまいました。

iPhoneの液晶画面がひび割れてしまい、タッチ画面の認識はしっかりしているのですが、指を滑らすと液晶の欠片が引っかかる状態になってしまいました。また、背面のみを保護していたケースが落下の際外れてしまい、側面や背面にも若干の傷ができてしまいました。電話やメールなどの使用には影響ない故障でしたが、外観がボロボロになったという感じです。

自分が契約している携帯電話のキャリアの店舗に持っていき、修理をお願いしました。iPhoneの保証プランに加入していたため、画面の液晶割れは修理という形で対応していただきました。側面、背面の傷に関しては小さい傷であったため、基本の端末はそのままに液晶のみの修理になりました。金額も4000円ほどと思ったよりも安価で安心しました。一週間ほど時間がかかるということで、代わりのスマホも用意していただき、最低限の連絡は取れるようにしていただきました。こちらの不注意で壊してしまったにもかかわらず、とても親身になって対応してもらいました。iPhoneは高額なので、修理代も高くなってしまうのではと心配でしたが、保証も用意されていて、しっかりと説明してもらえたので、満足でした。

私は腕時計を身に着けることが苦手なのでいつもiPhoneで時間確認を行っていたのですが、このようなことでiPhoneを壊してしまうくらいなら腕時計を着けることも視野に入れなければならないなと感じました。また、ケースも背面のみ保護できるもので、結果として外れてしまったので今度は手帳型のケースを導入しました。ほぼ全体を保護されるうえ、カード類も収納できるので生活も効率的になった気がします。そしてiPhoneをできるだけ鞄に入れて移動することにしました。この先転んでしまったとしても、手やズボンのポケットに入れているよりは壊れる可能性が無くなると思います。すぐ取り出せる環境が失われることは残念ですが、壊れることを考えると我慢しなければと思います。

とてもおしゃれな印象で、機械に疎い方も安心して来店できそうだなと思います。法令に基づいたiPhone修理をしていたり、大きな駐車場完備でアクセスもしやすそうです。使い方を教えてくれる教室もあるようで、ついでにわからないことを聞いてみることもでき、非常に利用しやすいのではないかと感じました。

無理やり売りつけてくる悪質な不動産会社にご注意を!!

不動産会社は生涯の部屋選びをサポートしてくれるパートナーであるので、親身になってくれる不動産会社や担当者の方が良いに越したことはありません。賃貸の契約には大金が動き、一度、賃貸契約を結ぶと基本的には数年間住むことになります。ところがそのような良きパートナーに出会えるかどうかはわかりません。
当たり前ですが、どんな部屋に住むかということは毎日の生活に大きな影響を与えます。ですから、できる限り親切で親身になって新居について考えてくれていて、笑顔で誠実に接客している人に任せた方がいいでしょう。そして、それを確かめる一番の確実な方法は、実際に不動産会社を訪れてみること。こういったことは実際に会ってみないとわからないですので、まずは不動産会社に行き接客を受けてみましょう。そこで、担当者とフィーリングが合うかどうかを確かめた方が得策です。

また、部屋探しにおいてすべての条件を満たす物件にはなかなか出会えないものです。

例えば、新築を東大和市で予算は3000万円南向きの窓がほしいなどの条件で探していて、妥協できない条件と妥協できる条件をバランスよく選んでいくのが基本ですが、良い部分ばかり説明する不動産会社が存在します。これはお客さんの方を向いていない可能性があると言えるでしょう。
また、お客さんがどうしても譲れない部分をはぐらかす場合も要注意です。もちろん、予算などの都合から条件に合わない場合も多くありますが、どうしても2階以上に住みたいにもかかわらず「このあたりで2階は厳しいですね。それよりもこの物件が…」というように、譲れない部分をはぐらかし、他の物件を強く勧める場合には注意しましょう。何度も言いますが、ノルマなどがあり強引に契約にこぎつけようとするケースがあるからです。物件の良い点だけでなく、悪い点もきちんと説明してくれる誠実な不動産会社を選びたいものです。

【不動産】売るときに知っておきたいこと

安心して不動産の取引をするために、知っておきたいポイントはたくさんあります。
ここでは、自宅の売却を検討し始めてから、売却物件の売買契約を結び、物件を引き渡すまでの重要なポイントを網羅しています。
自分がどの段階にいるか、どんな点に不安があるかによって、該当する項目をじっくり読んで、円滑な不動産取引を実現させましょう。

注意点:不動産売却の手続きを進めるうえでの注意点

まず紹介するのは「不動産売却の手続きを進めるうえでの注意点」です。
 
不動産の売却には、価格設定や手続き、契約の内容など複雑でわかりにくいことがたくさんあります。
 
一般の商取引と異なる点も多いため、円滑に売却するためには、注意しなければならないポイントをあらかじめ知っておくことが重要です。
 
この章では不動産の売却手続きをすすめていくうえで、おさえておくべき具体的な注意点を紹介していきましょう。

売却する不動産について詳細を把握する
不動産を円滑に売却するためには売却不動産の詳細を把握している必要があります。
 
広さはもちろん、権利関係、用途地域、地盤や土壌など、売却関連不動産の詳細情報は多様です。
 
広さ、権利関係などは、不動産登記簿を見て確認しましょう。
 
不動産登記簿には、所在・地番・地目(不動産の用途)、地積(不動産の広さ)、不動産の所有関係や担保設定などが表記されています。
 
ただし、表記と不動産の実態は必ずしも一致しないので注意が必要です。
 
登記された時期が長くなった不動産には、境界が間違っていたり、測量が不正確になることがあります。
 
また不動産の所有権を示す登記簿の甲区は、届出を義務化されないため、古い表記どおりになっていることがあります。
 
その他にも不動産の土壌汚染や地盤が売却で問題となることがあるので、専門家に相談するのがおすすめします。

適正価格・売却条件・必要な時間と費用を確認する
不動産売却で知りたいのは「いくらで売れるか」ということです。
 
不動産は二つと同じものがなく、「定価」という概念がありません。
 
ただ相場レートはあるため、これをもとに購入希望者と交渉することになります。
 
ネットを使って条件が似ている周辺の不動産がいくらで売買されたかを調査すれば、相場を把握することができます。
 
また売却の交渉では、価格のほかにも条件がつくことがあります。
 
不必要物の撤去や測量などが必要な場合には、どちらの負担にするかということが売買条件に含まれます。
 
場合によっては費用がかかるため、交渉の時はきちんと確認することが重要です。
 
時間的余裕を持って交渉にのぞむためにも、不動産の売却時に厳しいスケジュールを組むのは避けたいところです。
 
少なくとも3ヵ月はかかると見ておきましょう。
 
不動産の売却については時間と共に一定の費用もかかります。
 
不動産仲介会社に支払う「仲介手数料」や売買契約書の「印紙税」のほか、測量費用・解体費用・譲渡所得税などの支払いを要求されることがあります。
 
不動産が債務の担保になっている場合、「抵当権抹消費用」が必要となるため、あらかじめ準備しておかなければなりません。
 
パートナーとなる不動産仲介会社をしっかり選ぶ
個人を相手に売却することもできますが、安心して取引を推進するためにはプロの不動産仲介事業者に依頼するのが一般的です。
 
不動産価格の査定・売り値の決定・購入希望者を捜す・不動産詳細説明・契約や引渡しの手続きまで、売却に必要な流れのすべてをサポートしてくれるのが不動産仲介会社です。
 
売却を依頼する不動産仲介業者の選定は、不動産売却の満足度を決める要素になります。
 
不動産仲介会社にはさまざまなタイプの会社があり、それぞれ強みがあります。
 
全国に支店を持つ大手企業は広範囲な情報提供が可能です。
 
一方、現地密着型の会社は地域情報に強く、普段の付き合いの中で購入希望者を探してくれたりもします。
 
売却不動産の性質に合った不動産仲介会社を選ぶのが円滑な売却のコツです。
 
売却契約の形態にも要注意
不動産仲介会社に売却を依頼する際に契約を結びますが、契約には「専属専任媒介契約」と「専任媒介契約」、「一般媒介契約」という3つの形態があります。
 
「専属専任媒介契約」は拘束力が強い契約で、他の不動産仲介会社と契約したり、自分で見つけた購入希望者と勝手に取引することも禁止されます。
 
「専任媒介契約」はこれに比べれば緩めで、自分で見つけた購入希望者と自由に契約することもできます。
 
さらに「一般媒介契約」は他社との契約も自由で、自分で見つけた購入希望者との契約も自由です。
 
一般媒介契約のように自由な契約形態ほど、売主においては有利になります。
 
しかし持ち主であるあなたに不動産売却の経験がないと、対応が難しい事態が発生することもあります。
 
どの契約形態を選択するかは、状況にあわせて判断するのがいいでしょう。
 
ここまででは、「不動産売却の手続きを進めるうえでの注意点」をお伝えしました。
 
どんなことに注意しながら不動産売却を進めていくべきなのか、理解していただけたのではないでしょうか。
 
 

不動産を売りたいとき、お住まいの地域で不動産 立川 不動産 武蔵境などで検索し、不動産業者を調べましょう。

逆に不動産を買いたいときは、お住まいの地域で不動産 新築 立川 不動産 中古 武蔵境などと新築や中古というキーワードも入れて検索し、調べた方がよいでしょう。

悪質な不動産会社にご注意を!!

不動産会社は生涯の部屋選びをサポートしてくれるパートナーであるので、親身になってくれる不動産会社や担当者の方が良いに越したことはありません。賃貸の契約には大金が動き、一度、賃貸契約を結ぶと基本的には数年間住むことになります。ところがそのような良きパートナーに出会えるかどうかはわかりません。
当たり前ですが、どんな部屋に住むかということは毎日の生活に大きな影響を与えます。ですから、なるべく雰囲気がよく、笑顔で誠実に接客している人に任せた方がいいでしょう。そして、それを確かめる一番の確実な方法は、実際に不動産会社を訪れてみること。こういったことは実際に会ってみないとわからないですので、まずは不動産会社に行き接客を受けてみましょう。そこで、担当者とフィーリングが合うかどうかを確かめた方が得策です。

また、部屋探しにおいてすべての条件を満たす物件にはなかなか出会えないものです。

例えば、新築で武蔵村山市で予算は3000万円南向きの窓がほしいなどの条件で探していて、妥協できない条件と妥協できる条件をバランスよく選んでいくのが基本ですが、良い部分ばかり説明する不動産会社が存在します。これはお客さんの方を向いていない可能性があると言えるでしょう。
また、お客さんがどうしても譲れない部分をはぐらかす場合も要注意です。もちろん、予算などの都合から条件に合わない場合も多くありますが、どうしても2階以上に住みたいにもかかわらず「このあたりで2階は厳しいですね。それよりもこの物件が…」というように、譲れない部分をはぐらかし、他の物件を強く勧める場合には注意しましょう。何度も言いますが、ノルマなどがあり強引に契約にこぎつけようとするケースがあるからです。物件の良い点だけでなく、悪い点もきちんと説明してくれる誠実な不動産会社を選びたいものです。

介護として提供できるサービスは、介護を必要とする度合いによって異なる

要介護認定には7つの段階があります。

要介護度の決定のしかたは、介護保険の申請をしたあと、自治体の人間が直接高齢者の自宅にきます。その場でカンタンなコミュニケーション能力のチェックをして、現在の健康状態や既往歴などのヒアリングをもとに査定する一次判定と、医師によって作成される「主治医意見書」をもとにした二次判定を通じて要介護度が決められます。申請から認定の通知まで、おおよそ1か月ほど。以下で各々の介護度を見ていきましょう。

要支援1

体の一部分の介助を必要としながらも基本的には独力で生活できる人の状態。適度な運動や生活習慣の立て直しによって要介護状態の改善、予防が見込まれる

要支援2

基本的にはひとりで生活できるが、日常生活動作に若干の衰えがある状態。適切な運動や生活習慣の立て直しによって要介護状態の予防が見込まれる

要介護1

歩行が安定せず、食事やトイレなどの生活動作に一部に介助が必要である状態

要介護2

歩行が安定せず、食事やトイレなどの生活動作に一部に介助が必要である状態

要介護3

立ち上がりや歩きの動作、食事、トイレ、お風呂の際に全体的な介助が必要である状態

要介護4

食事、トイレ、お風呂といった日常生活の多くの分部において全体的な介助が必要である状態。要介護3と比べ、より日常生活動作の低下が見られる

要介護5

日常生活の全体的な部分において全面的な介助が必要であり、加えて完全に寝たきりで普段のコミュニケーションも困難な状態

今回記載したものに関してははあくまで一例で、実際には自治体職員がまとめたデータと医師の診断で最初の要介護度が決定します。

XMのマイクロ口座の特徴と違いについて

XMのマイクロ口座の特徴と違いについて

XMマイクロ口座の特徴

マイクロ口座の主な特徴

• 1ロット単位が1,000通貨
• 最小取引量が10通貨(0.01ロット)
• 最大取引量が100ロット
• 通貨ペアの表示名が違う
• 最低入金額5ドル
• ボーナスの対象
• 平均スプレッドは1.7pips
• 最大レバレッジ888倍

XMマイクロ口座の最大の特徴は「1LOT=1,000通貨」である事です。
XMマイクロ口座はMT4での最小取引サイズが「0.01LOT」となっていて、「10通貨」から取引可能です。
これはドル円なら「10ドル=約1,000円」から取引できるという事になります。
しかし、そうなると当然大口取引には向きません。
マイクロ口座の最大取引サイズは「100LOT」、つまり「10万通貨」です。
ハイレバレッジやボーナスを活用して大口取引をしたい人には、少々物足りないでしょう。

少額の10通貨から取引可能!負けても懐は一切痛まない?
「10通貨」とは?動く金額はどうなるのか?
10通貨1ロットのポジションの大きさは、JPY関連通貨ペアの場合、相場が1pips動くと動くお金は0.1円です。10pips動くと1円、100pips動いてやっと10円です。
ポジションが思惑とは反対に大きく動いたとしても、懐は痛まないと言えますね。
なお日本国内のFX業者では、小さいロットで取引ができるところはSBIFXのみで、こちらは1通貨単位の取引ができます。それ以外の業者では最小で「100通貨」となっています。

最小ロットと最大ロットが小さい
最小ロットと最大ロットにも違いがあります。
• マイクロ口座: 最小0.01ロット(10通貨)、最大100ロット(100,000通貨)
• スタンダード口座:最小0.01ロット(1,000通貨)、最大50ロット(500万通貨)
上記はMT4の数字ですが、MT5でのマイクロ口座の最小ロットは0.1ロット=100通貨です。
最大ロットは1ポジションあたりに建てることができるもので、マイクロ口座では100,000通貨を超える場合は、別のポジションを建てる必要があり、最大保有可能ポジションはマイクロ口座、スタンダード口座ともに200ポジションまでです。

レバレッジは888倍

XM口座のレバレッジは、XMの最大レバレッジである888倍を設定することができます。レバレッジが大きいと、損失が大きくなるとか、リスクが大きくなると考える方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

トレードの損益は、ロット数(取引数量)と値動きから計算されます。大きなロットでトレードすれば、小さな値動きでも損益は大きくなり、小さなロットならその反対です。レバレッジとリスクは関係がありません。
では、レバレッジはどこに影響するかというと、証拠金維持率に対してです。レバレッジが大きいと、以下のようなメリットがあります。

レバレッジを大きくするメリット

• 少ない証拠金でも、トレードができるようになる
• 証拠金に対して、大きなロットでトレードできるようになる
• ロスカットされにくくなる
要するに、マイクロ口座でも888倍のレバレッジをかけることができるが、リスクが大きくなるわけではないと覚えておきましょう。